<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キロ5分

昨日は10キロ。

私は10キロを走るのにもキロ6分という遅さだけれど、
先日の「いびがわ」の21キロもきれいに5キロごとのタイムが
キロ6分でした。

なので、5キロをキロ5分で走れるようにして、それを10キロ、
15キロと延ばしていく、あるいはキロ5分のペースで5キロ
を当たり前に走れるようにする、そうすればハーフをキロ5分で
走れるようになるのでは・・・と考えています。

それで、とりあえず当面の目標は5キロをキロ5分。
5キロを25分っていう事ですね。

昨日の10キロは、ちょっとスピードを上げたつもりで、
往きの5キロが29分かかりました。
「げえ~」っていう感じです。
こんなに一生懸命なつもりなのに・・・・全然ダメじゃん・・・・
で、5分くらい歩いて、そして復路の5キロが25分。
こんなに辛くてキロ5分、しかも5キロかぁ・・・。
このペースで21キロはとてもとても・・・
これが、いつかは普通にしんどくなく走れるようになるのかなぁ・・・
というか、なってくれないと意味が無いんですけれど・・・

とりあえず、これでちょっとでもスピードアップをさせて、
1月の「10キロ祭り」にそなえつつ、長距離を走る練習もしていかないと
フルはなんだか今になってびびりまくりです。

多分、早くなるにも長い距離を走れるようになるにも、ちょっと苦しい
思いをしないといけないのかな・・って思うのですが、苦しい思い
までして、走るってなぁ・・・っていう気もしています。
だって、ただただ走っていただけで、ちょっと大会にも出てみたいって
思っただけで、そんなもんなんですから。
でもなぁ・・・せめて「ランナー」に見えるくらいになりたいしな・・・

「いびがわ」に付き合ってくれた、同居の友達は「@さるよりもっとおばさんが
普通に@さるより早く走っていたよ、見てたけど、もっと早く走れるんじゃないの?」
って、自分が思っているより、前に進んでいないっていうのは実感しています。
「ま、満面の笑みでゴールしてきたから、これでいいのか、って思ったけどね」と
友達はその後付け加えてくれましたが・・・

何はともあれ、何も考えず、とりあえずキロ5分の5キロを、目指すことにします。
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-29 11:15 | らんらん

今日は何日?

今日って何日ですか?
もう、28日??
11月って30日までですよね。
もう、すぐ12月!!

って、焦っているようで、なかなかのんびりしている@さるです。

何のために1月を「10キロ祭り」にしたのか!!
今、お腹の調子もかなりgood!
走れ!走れ!っていう感じなのに・・・

「いびがわ」でのおまけの収穫。
私の体って自覚がなかったけれど、随分冷えているという事が実感できて、
まず、冷たいものを飲まなくなりました。まぁ、冬なのでコレは楽勝。
でも、ビールだって冷やして呑まないんですよ。
ヨーグルトは毎日必ず食べる。
腹巻着用。
お風呂上りは、足もレッグゥオーマー装着。
お風呂は必ずためて、ゆっくり入る。ついでに、でたらめマッサージ。
大したことではないんですけれどね。
でも、女にとって、「冷え」は大敵です。
というか、自分が冷えているという自覚がなかったんですから、大きな収穫です。

昨日は、ジムに行って、「なんちゃってヨガ」と、ちょっとだけ走りました。
同居の友だちも、同じジムに通うようになったので、夜な夜な、身体について語りあったりしています。
早く勢いをつけて、走り始めないと、きっと12月もあっという間に過ぎ去るんだろうな・・・
狙い目は、12/1かな・・・
重い腰を上げないと!!
ますます、重いお尻になってしまう・・・
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-28 11:41 | らんらん

てんこ盛り

無事おわりました。
「ファミリーコンサート」。
10/28から、ピアノの発表会、10キロレース(初)、ハーフ(初)、ファミリーコンサート(初)と、
秋の「てんこ盛り期間」が終わりました。
ピアノの練習だって、結局あまりできていないし、走ることもあまりできていなかったけれど、「精神的には、めっちゃ頑張った!」と、昨日、友だちに言い切って、笑われました。

12月は、普通に「走ること」と「ピアノを弾くこと」をやっていこうと思っています。

どちらも、同じですね。
レースに出ると、走るっていいなって実感するし、人前でピアノを弾くと、やっぱりピアノ弾くの好きだわ、なんて思ってしまいます。
そんな風に実感ができるって、幸せだなあって思います。
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-26 10:34

分かっていますよ~

ええ、ええ、分かっていますよ~
食べる量が多すぎるって。
「ランナーズ」だかの、特集でも、「走ってても痩せないのは、食べる量を考えよう」って言っていましたとも。

一昨日、「どうせ雨だし、走れないよ」とお誘いをいただき(どうせ、ここのところまともに走っていないのですが)、呑みに行くことに。
それが、職場を出てみると、さっきまでの雨が嘘のような星空。
呑みに行くまえの5キロ。
久しぶりに気持ちよく走れました。

昨日、仕事はお休み。
それでも、まだまだヤル気が出ず、昨日は気持ちよく走れたし、今日も少し走っておこう、と思い、それならストレッチ代わりにジムのヨガか?と重い腰をあげヨガだけ受けに行ってきました。
で、ふと、この「走っていない」「暴飲暴食の日々」が、いかがな結果になっているものか、体チェックもしてもらおうと思い立ち、ちょっと神妙な心持に・・・

元来、「びびり」な@さる。
「恐ろしいことになっているんじゃ・・・」と、だんだん引き締まった気持ちになり、出かけに本屋により、run_run_monnさんも紹介していた、ゾーンセラピーの本を(私も先日手にとってみていたので)、衝動買いし、ドラッグストアに立ち寄り、ヴァームをば~んと買い、やっと落ち着いてジムに入りました。
ダメダメな@さるです。

結果は・・・

身長     162cm(自己申告)
体重     前回54.2キロ→今回55.4キロ 当然です。
体脂肪量  前回 8.9キロ→今回 8.6キロ
筋肉量    前回42.8キロ→今回44.2キロ
BMI     前回20.7  →今回21.1
体脂肪率  前回16.4% →今回15.5%

ひゃぁ~~。
ちなみに、最近家では計測をしていないのですが、体脂肪は多分20%~23%くらいだと思います。いったい、体脂肪って何者????と思ってしまいます。

体重、重すぎます。
だいたい、筋肉をつけながら痩せるなんてウソでしょ~。
痩せてからつけたいところにのみ筋肉をつけるべきじゃ???

は~分かっています。
食べる量をほんの少しでも減らせばいいんです。
そうしたら、下痢も治るかもしれないし・・・
だいたい、私、胃腸が休む時間がないですもん。
常にフル稼働。こんなに働かせてごめんなさいっていう感じです。

今年中にBMI値!20を切る!
コレって、夏に掲げた目標なんですよね。
ちなみにキロ5分も!
は~「口だけ番長@さる」、これを達成せずして、トシは越せない!!
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-22 15:05 | らんらん

さてさてさて・・・

初ハーフ以来(って、もういつの事?ってくらいなんですが)、なんだかヤル気がしない。
いや、とってもヤル気になってはいるのに、腰が重い。
この日曜の「東京女子国際マラソン」を見て、しっかりモチベーションアップを狙っていたのに、何だか・・・・
これが、いわゆる「燃え尽き・・・?」(笑)

さてさて、私の中で、次に目指すところは、10キロをキロ5分で走ること。
つまり、10キロを50分で走ること。
5キロを25分以内で走ること。できれば、5キロは23分くらいで走りたい。
で、あわよくば、ハーフもキロ5分に毛が生えたくらいのスピードで走りたい。

今回、10キロとハーフのレースを体験してみて、私のなかで「走っている人」と「走っていないわけじゃない人」との境目は今のところ、キロ5分。
走っている最中も折り返してくる人や、前を走る人を、そしてアップをする人、余裕そうにしゃべっている人、た~くさん観察してきました。

くどいようですが、、
つまりのところ 10キロを50分以内。
ハーフを1時間45分くらいで走ること。
すっごい、憧れ・・・

で、今のところ、フルはちょっと想像ができない。
ということで、目標もたてるのが、難しい・・・・
とりあえず、完走。

そろそろ、モチベーションをあげていかないと、「走っていない人」になってしまいそうです。

***********

昨日の東京国際。
Qちゃんファンの私は、もう、何と言っていいやら・・・
最近、マラソン関係の本を読み漁っていて、土佐さんも本当にステキなランナーだと思っているのですが、どうしてか、なぜか、Qちゃんなんですよね、気持ちは・・・

で、東京国際で、スピードダウンした、Qちゃんが1キロを4分40秒かかっているところがありましたよね。
「歩いているようなスピードだなぁ」という話になって、「そうですね、全く走りが違っていました!」「ん?」、じゃ、私のキロ5分って、何????歩いている以下???
一度、本当にトップのランナーの走っている姿を見てみたいです。
名古屋国際、Qちゃん、走らないかなぁ・・・
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-20 14:27 | らんらん

あれから

初ハーフの後、昨日、初めて走りに出ました。
なんとな~く、翌日はだらだらするべきじゃ??と思って休み、翌日は気合を入れたのに雨。
そして、一昨日水曜はピアノと実家に顔を出す日で走れず、そして昨日やっと・・・

出かける前は、寒さに対する恐怖というか、「いびがわ」の寒さがどうも身に染みてしまったようで、とりあえず始めなきゃ・・・っていう感じでやっと出かけました。
走り始め、「おっ、何だか軽い感じ??」なんて思っていたのが、1キロもするとガチっと、左太もも後ろ側と、右太もも前側が固まってしまいました。
コレって、いびがわで、キテルな~と思っていた場所。

一度だけした、20キロ走では、肩の凝りはひどかったものの、筋肉痛はありませんでした。
でも、「いびがわ」では、あの寒さと、流石に坂道!終わったあと、なかなかしゃがめないほど、足がカチンコチンでした。
付き合ってくれた友だちの、「摩るだけでも違うらしいよ」とのアドバイスで帰りの車中ずっと摩って帰りました。
翌日はほとんど筋肉痛は残らず、ヨシ!!と思っていたのですが、やっぱりダメージはあるんですね。

それで、昨日はそのままウォーキングにて9キロ。
走るときには、やっぱり忘れがちな、足裏、腕振り、腹筋(?)を意識しながら、歩いてみました。
すれ違ったランナーが2人。
なんとな~く、見てしまいます。
凄く、走っていそうなのに、なんで腕は固定??そういう練習??
どうして、横振り??どういう意図??という感じで見ていました。
そう振っていると、腕のそこにそんな立派な筋肉がつくの??なんてことまで・・・

筋肉といえば、いびがわの帰りのお風呂。
いただいた割引券を利用したのですが。そのお風呂はもちろん地元の方も使っています。
友だちと2人で、「あ!ランナー」、「あれもランナーだね」、「あれはランナーか?ただ若いだけか?」なんて話しながら、ゆっくりつかっていました。

それで、これから・・・

「市民ランナー」を夢見ている@さるですが、先日来、たくさんの「市民ランナー」を目の当たりにして、その夢を強くしました。

今のところの私は、ただ、「走っていないわけじゃない人」(だんだん、降格しているような気がしますが)、という位置づけがはっきりしたし、今シーズン中になんとか「走っている人」になろうと思います。

私の今シーズンは、3月の「湘南国際」まで。
で、私の走っている人のイメージは、キロ5分。
12月は、もう大会に出る予定はないので、頑張ってトレーニングします。
方法は、まだ考えていません(ダメじゃん)。
で、1月に10キロの大会にばんばんでます。
その中で、10キロを50分をきって
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-17 10:47 | らんらん

初ハーフ

「いびがわマラソン」
とってもステキな大会でした。

細かいところにまで行き届いた、気持ちのいい、あったかい大会でした。
受付もあっという間に終わってしまったし、ゴミも地元の学生が進んで受け取って分別をして捨てていてくれたり、何か困っても「いいですよ~、どうぞ~」みたいな・・・

沿道の応援も、すごい!!
かわいらしい幼稚園児から、中学生、おじいちゃん、おばあちゃんまで、いろんな言葉で励ましてくれました。

「がんばれ~」の大合唱。
「笑顔でゴールしてね~」なんていうのも、ありました。
ハイタッチは、できる限りやってきました。
こんな余裕こいている場合か?とも思いながら、そのときは「いぇ~い」なんて、気持ちも上げながら・・・
「がんばって」といわれれば自然と「ありがとう」と答えたくなる、そんな「がんばって」なんです。
あちこちに、手作りの垂れ幕が飾ってあったり、川沿いに標語のような応援の言葉がいくつも立っていて、そのたびに一息ついて、川の流れを見てみたり・・・

私、自信あります。
折り返しの時の笑顔。
「あと半分」と声をかけられた時に、ものすごい「いい笑顔」を返した気がします。
実際は、不気味な笑顔だったかもしれませんが・・・
それに、また応援が答えてくれるんです。


天候は、スタート前にものすごい風と、雨。何より寒くて寒くて・・・
これは、これは・・・と思っていました。
走る私より、付き合ってくれた同居人(これまでの食事なんかも、気を使って作ってくれたりしてくれていたんです)、が3時間近くもこの寒いなか待つのが、どれだけ大変だろう?と思っていました。
急遽、現地で購入した、手袋と長袖Tシャツを不恰好に着込んで走ったのですが、山の方に入っていくと、走っているにもかかわらず、これが寒くて、手がかじかんでしまって、まくった袖が下ろせないという具合です。

サービスでスパイラルテープを試すブースもあって、最初は横目でみていたんですが、ちょっと空いていた時間があったので、ためしにやってもらいました。
ほかの人は、膝が・・・なんて相談をしていたんですが、私は「下痢でしばらく走れていなくて・・・」と話したところ、「からだの冷えです。寝るときにはお腹にタオルを巻いて寝ましょう。食べるもので、冷やすこともないように・・・じゃ、調整しておきますね」と、腰にペタっと貼ってくれました。
あと、20キロも走ると、肩がこって・・・と話すと、「腕振りですね、レクチャーします。登りはこう、下りはこう、平坦なところはこう・・・」と。
で、最後に、「食べ物はよく噛んで食べましょう。アレルギーが治りますよ」と、声をかけられました。本当に、話にならないくらいの素人の私ですが、ちょっと恐るべし!という感じでした。

で!恐るべし!本当に恐るべし!
朝、シャトルバス発着場の駐車場についたときは、まだお腹が痛かったのが、それからハーフの残り2キロまで、まったくお腹が痛まなかったんです。

それに、「いびがわ」のコースは、うわさには聞いていたのですが、川にそって、登る登る、下る下る。
そのたび、登りはこう・・下りはこう・・と意識をして腕を振っていました。
すごいじゃん、登ったり下ったりばっかりじゃん・・・っていう感じです。
突風がふく登りなんて、まったく息ができているのかどうか・・・っていうくらいの苦しさでした。
これ、進んでいる?って。
でもそうすると、必ず下りがくるので、膝に来ないようにだけ気を配って、うわ~いっていう感じで下りました。
そのとき、考えていましたよ。トレイルなんてムリ!こんなん走って登るなんてありえない!って。
でも、登れば下る、下れば登る。また、来た!って思って走っているのに比べて、ず~っと平坦な道を20キロだったら退屈で、違う疲れがあったかもしれません。

私くらいのペースでは、折り返してくるたくさんの人見ることができたし、自分が折り返した時に、これから折り返す人たちもたくさんみれたのですが、早い人たちはすごいですね!
私は、本当に進んでいるのか?とここでも、疑ってしまうほど自分の遅さを感じてしまいました。

でも、まぁ、はじめこそ大渋滞で、のそのそ動いていましたが、その後はず~っと自分のペースで、最後まで走れました。
大体、5キロを30分、10キロで1時間。15キロで90分。20キロで2時間。
キロ6分で、変わらず、いや、登ったり降りたりで随分、速度変化はあったと思いますが、5キロ単位では、これくらいで最後まで走れたので、今の私は大満足です。
というか、これが一番うれしい。

途中では、ゲストの「千葉真子」さんともハイタッチをしました。
折り返してくる早いランナーを見て、感動していたのと、この先の坂を見て「げっ」と思っていた地点だったので、それより早いはずの「ちばちゃん」を見てというか、ハイタッチをしていったら、ちばちゃんだったんですが、ちばちゃんだ!と思った瞬間に、この人はすごい人なんだ!って、坂の「げっ」っていう感じも忘れて、かなりはしゃいでしまいました。
ちばちゃん、いい人です。
笑顔もステキでした。ちばちゃんの笑顔はよく目にしていましたが、本当にステキな笑顔だって、思ったのは初めてです。(ごめんなさい)
私は、Qちゃんの大ファンなんですが、ちばちゃんも大好きになってしまいました。

今回は、応援をしてくれている、たくさんの人たちを見て、ものすごく励まされて、うれしくて、感動しましたが、そっち側でなくて、走っているこっち側でよかったって思いましたよ。
どうせなら、走らなきゃ!!って、思いました。

フルは、もう、全然むり!って実感をしてしまいましたが、でも、走るのって楽しいな~って、本当に思いました。
だから、私も、心して「市民ランナー」を目指します!!

なんだか、全然、ばらんばらんな、文章ですが、「いびがわマラソン」については、いろんな方が冷静にブログで書いていらっしゃるので、そちらで、雰囲気を味わってみてください。
で、来年、どなたか一緒に、参加しません?!
来年は20回の記念大会だそうですよ!
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-13 13:36

初ハーフ その前

11/12(日) いびがわマラソン 初ハーフ 完走できました!!!
 2時間7分くらい。10キロごとのタイムは自分でとってきたんですが、見方がわからない。
 下手をして、消してしまっては・・・と思って、大事に触らないようにしています。

なんだ、あやこや言っておいて、結局走っているじゃん!って言わないでくださいよ。
私、かなり努力しましたから。下痢対策。

こんな私のような「庶民ランナー」にも、ドラマがあったんです。

先週の10キロのあと、食べれば直くだる。
食べなければ、走れない、とあらためてヤバイと思ったんですが、このまま走らなければ、下痢がただの言い訳になってしまう・・・しかも走る前から言い訳をしていたなんて、なんていやらしい・・・と、とにかく、絶対走る!と決めていました。
ならば、少しでも良い状態で・・・と、下痢止めももらっってきたし、食事もお腹に優しいバナナとか、具の形が見えないくらいに煮込んだスープとか、お昼ご飯も持参でがんばりました。
でも、下痢の頻度は少なくなったのに、ひどく痛むようになってきて不安でした。

まぁ、痛いのは30秒。
それが、3回くると、下る・・・という感じだったので、下るより30秒痛いほうがマシか・・・なんて思いながら、何時に食べると、何時から何時に下るとかまで調べていたんですよ。

実際、先週の10キロの大会以来、一度10キロを走りに行ったくらいしか走っていません。
それも、7キロでスタミナ切れで、帰ってきていましたし。
お腹を休めるということで、お腹にたまらないものを選んで、少量食べていたので、コレは仕方がないと思ってはいましたが。
当日は、栄養ドリンクで栄養を補うしかないと決めていましたし。

あぁ、一度でも20キロを走っておいて(ずいぶん前ですが)良かった~って思いましたよ。
luneさんの、未知が既知になるっていう言葉、思い浮かべていました。
私の体は知っている!!って哲学みたいなこと考えていました。
っていうほど、悲壮ではないんですが。
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-13 12:41 | らんらん

近くの大会

近くの大会、調べてみたらこんなに。

1/7  ぎふ新春マラソン
1/8  いちのみやタワーパークマラソン
1/14 みのかも日本昭和村ハーフマラソン
1/21 北なごや新春チャレンジマラソン
1/28 小牧シティマラソン
2/11 犬山国際友好シティマラソン
2/18 可児シティマラソン in 花フェスタ

とりあえず、先日会った友達(初のラン友)を誘ってみたら、「1/28の小牧ならOK」という返事をもらったので、これは決まり!

私は、生まれも育ちも「いちのみや」なので、1/8のいちのみやタワーパクマラソンも気になっています。ここいら辺は、車でびゅんと行って帰ってこれるし・・・・・

犬山国際は、職場の付近を走るので、ちょっと・・・・
北なごやも、あまりにも知人と会ってしまいそうで、ちょっと・・・・

ほとんどが10キロなので、普段1人で走っている10キロを、イベントで走るっていう感じで行けるかな・・・と。
で、「これからランナー」としては、10キロを40分台で普通に走るのが目標です。
40分台っていうか、50分を1秒でも切って走ること。
今の私にとっては、かなりな目標ですが、チャレンジです。
それができれば、寒い時期のイベントなので、走らない友達も強引に誘って、楽しもうかなと思っています。っていうか、コレ、かなり分厚い壁じゃ??無謀???

とりあえずは、下痢との闘い?いや、仲直り・・・
 
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-08 14:00 | らんらん

「これからランナー」

「東京マラソン」の前に、「ハーフ」をと思い(抽選に漏れましたが)、来週の「いびがわ」にエントリーをしているわけですが、その前に何か1つ、大会を・・・と思って、この日曜に10キロにエントリーをしていました、実は・・・。

下痢が最悪なので、どうしようか?という気持ちもあったのですが、とりあえず車でさぁっと行ける距離なので、行くだけ行こうという感じで、思いつくものを車に積んで、出かけました。

「なごやっ子マラソン大好き人の大会」という、地元のゆる~い感じの大会でした。
開催される公園がとてもすてきで、もっと近ければマイジョギングコースにしたいくらいです。

こそっとやってきて、こそっと走って、こそっと帰る、そんな気分でエントリーはしてあったのですが、まさか、本当にこんなコソコソする羽目になるとは思ってはいませんでした。
同居の友達にも黙って、1人、文字通りこそっと出てきました。

とりえあず、受付をして、一周2.3キロのサイクリングコースをウォーキング。
と言っても、ウォーキングをしている他の人に、駄々抜きされるありさま。
食べると、すぐ「くる」ので、起き抜けにバナナと、来る途中にアンパンを1コ。
充分食べているじゃないか?と思うでしょうけれど、私の朝は凄いんですから、これじゃぁ、食べていないのと同じです。
水分も、ちびり としかとっていません。

うすうすは予想をしていたのですが、「行くだけ」と思っていても、行ってしまえば、よほどのことがなければ、出てしまうだろうな~と。
私は、初めての大会なので、他の大会がどうなのか知りませんが、とてもアットホームで、受付のかわいいお姉さん達に、「がんばってください」と連呼され、お天気の良さにもだまされ、まんまと走ってしまいました。

10キロ 55分33秒。

よく、レポで「思ったより、楽に、いつもより早いペースで走っていました」なんて、読んでいたのですが、私の場合は、こんなに10キロがしんどいと思ったことはないくらいに辛かったです。

途中、バーベキューをやっている付近を通れば、なぜ私はあっち側にいないんだろう?とか、なぜ3キロにしなかったんだろう?とか、1週間違えていないか?とまで考えました。

考えてみれば、晴天のお昼間に走るのも久しぶりだし、ここのところ10キロ走れていないし、なにより、お腹がすいているし、水分がとれていない!!
周回ごとに水をもらうのですが、下痢が怖いので口を湿らせる程度。
実際は、湿らせるなんて芸当は出来ず、ほとんど顔に被っていました。

10キロなんて、楽勝~って思っていたからこそ、こんな状態でも出てしまったのですが、現実を知らされた思いです。

恥ずかしいのですが、足が動かなくなるってこういう感じ?っていうくらいです。
終わってからは顔は熱いし、時間がたつにつれて、頭はガンガンしてくるし・・・
10キロなのに・・・・

こんなでは、とてもとてもハーフなんて・・・・

まぁ、でも、とてもかっこいいステキな女性を目の当たりにしたり、早い人の足ってこんな感じなんだ~と感動してみたり、行ってみて、出てみて、良かったと思っています。
現実も知りましたし・・・・
あらためて、「ランナー」と言えるレベルになりたい、と思いました。
やっぱり、私とは、違います。

それと、高校の時の同級生に偶然、会いました。
私と同じような感じで走っていて、話がはずみました。
来年のホノルルに行こう!!ていう話もでています。

ということで、とりあえず、近所の病院で下痢止めのお薬ももらってきました。
もし、みつけることができれば、10キロくらいの、近くの大会にも出てみたいと思っています。
まだまだ、「これからランナー」です。
[PR]
by chikisaru2 | 2006-11-06 14:21