2011年 03月 29日 ( 1 )

嬉し恥ずかし

昨年の今頃は病院生活だった@さる。

先日、検査を受けてきました。
「嬉し(?)恥ずかし、大腸ファイバー」



前回は、遠くの病院で、麻酔でほとんどっていうかしっかり眠っている間に終わっちゃっていたし、
救急車で運ばれた時は、傷だらけで、腸壁を破りかねないと、ほんの少ししかカメラを入れられなかったし、
だいたいその時は、痛みでうんうん言ってて、何をされても力も入らない状態だったので、
改めて、今回は憂鬱半分、ここのところ調子がイイので、どんな具合か、楽しみ半分な気持ちでした。


まぁ、大変なのは、前日の準備ですね。
腸を空っぽにするための、あの液体2リットル。
飲みきれませんよ、ホント、苦痛。



実際の検査自体は、カメラを見ながら、先生と世間話をしているかのような気楽さでした。



結果は、ほとんどが、ケロイド状。
炎症が治った跡。
ひきつれて、白い脂肪の塊のような濁った腸。

ほんの一か所だけ、綺麗に血管の見える部分があり、
あと、一か所、絶賛炎症中の場所がありました。
あらためて、炎症が大腸の全部分だったんだと、今は笑って確認をしました。



この結果で、先生からは、十分合格と言っていただきました。



まぁ、完治することはないと聞いているので、
この治まっている状態を、なるべく長く維持することが、治療の目的の全てです。


体重も、すっかり元通り。
昨年の今ごろの、私は夢か幻か・・・・・


ちゃんと、写真をとっておけば良かったなぁ。

なんなら、フルヌードとか・・・
いや、ちょっと痩せすぎでお粗末だったかも・・・
でも、やっぱり撮っておけば良かったな~。




この頃の、悩みは、体重の増加はさておいて、
酷い関節痛。
この病気に関節痛はつきものなんですが、
それにしても、病状と比例するものなので、
今の@さるのこの痛みは・・・
老化?!

丁度、退院した頃からなので、
入院中に一度に落ちてしまった筋肉と体力。
そして、栄養不足、そういうものが原因では??という事になりました。

(そうそう、入院中、腹筋が1回もできなくなっていることにびっくり。腹筋ができなかったら、どうやって起き上ったらいいの??なんて勘違いして悩んでいました。手をつかって起きればいいのにね。)


改めて、体力をつけ直さないと。
体重はほっておいても戻るのに、
体力って、こんなものなのかなぁ??
やっぱりトシなのかなぁ???
[PR]
by chikisaru2 | 2011-03-29 20:34 |