GW(?)堪能

ちょっと遅めの@さるのGW。

5/12(火) 13(水)と連休をいただいて、奥飛騨温泉郷は平湯温泉に行ってきました~。

今回は、思いついて、母の日、父の日をくっつけての@さるからのプレゼント。


両親を誘ったのは、土曜日。
日曜に予約をして、火曜の朝ゆっくり出発。


貧乏性な@さるとその両親。
旅行といえば、宿やお食事はケチって、盛りだくさん・・・
挙句、疲れ果てて帰る・・・このパターン。

なので、団体旅行では行かないような、ゆっくりできるお宿、しかもお値打ち!!を目指して探しました。
両親もトシをとっていくし(もちろん@さるも)、今回は@さるも一緒に行くので、個人の旅行で面倒なことはすべて@さるができるし(大げさですが、トシをとって慣れていない人にとっては、宿帳の記帳すら厄介です。目が見えない、字を書くのに緊張する等々・・・)・・・

それで、探した挙句、今回お世話になったのはd0069447_10453836.jpg「匠の宿 深山桜庵」さん。
両親には、「小っちゃい宿だよ」とか、「お粗末だったらごめんね」とか、「安いから安心して」と散々脅していたので、宿のこの入り口を見たときにちょっと、気後れをしたそうです。
この門までのアプローチも門から玄関までのアプローチも、とってもいい感じなんです。
玄関の先にはちゃんと、旅館の方が待っていてくださるし・・・・



お部屋もロビーもすべてが木で出来ていて、とても素敵です。
d0069447_10513433.jpgロビーでお茶をいただいて、
浴衣と帯をそれぞれ選んで、
お部屋には別に作務衣と靴下
お風呂セットの入った篭、
もあり、さりえげなくお茶の香
がたかれています。


お風呂上りには、牛乳やコーヒー牛乳などの飲み物が桶に瓶で冷やされていて、衣服を着る前にグイッとやれます。
露天風呂からは、ちらちらと桜が見えたり、笠岳という雪をのせた山が見えたり・・・

お夜食に、夜鳴きそばが無料でいただけたり、朝はロビーでコーヒーがやっぱり無料でいただけたり・・・

ちょっとした休憩室も、やっぱりすべて木でできていて、普段本なんて読まない父が、そこで長い間、山野草の本を眺めていました。
別には、喫煙の部屋もあって、そこにはオーディオセットもありました。

朝食ならバイキングという父もびっくりの、充実した朝食に、まったくグルメとは縁遠い、私たち家族が、気がついたら、たっぷり1時間半以上かけて、真剣にお食事に取り組んだ感じの夕食。囲炉裏のテーブルの、お食事処なのですが、絶妙な感じで囲いがあって、他のお客さんの気配は全く気にならないし、もちろん自分たちも、他のお客さんに遠慮するようなことが全くなく、感心しました。


お宿でゆっくりが、メインの旅行でしたが、新緑も美しく、飽きるほどの道の駅を堪能し、スピード違反を気にしなければいけないくらいに、空いた道路。
疲れすぎることもなく、そして喜んでくれた両親に、とっても嬉しい休日の@さるでした。
[PR]
by chikisaru2 | 2009-05-14 10:58 | お休み
<< 嫌いかも・・・ 私を何とかしてください~ >>